2020年1月に読んだ本のリスト

2020年1月に読んだ本一覧(記録用)

今月は、月の2/3くらい出張でかなり忙しかったんですが、移動時間が長かったので意外にも読書の時間が取れました。

漫画やエッセイも含めて、主にアマゾンのプライムリーティングで読める電子書籍を6冊ほど読みました♪

【Prime Reading 】ブスのマーケティング

おすすめ度:★★★★★

読みやすく、無性にやる気の出る自己啓発本。すごく良い本だったので、ブログでレビュー記事を上げました。著者の麻美さんから直接コメントを頂けて嬉しかった…!

「ブスのマーケティング戦略」は現代を生きぬく全ての女性のバイブルになる。
「ブスのマーケティング戦略」は現代を生きぬく全ての女性のバイブルになる。ブスのノー肩書きは辛い。 小学生の頃に見た集合写真で、自分の顔の大きさに驚愕しブスを自覚した田村麻美さんが、人生で自分のほしいものを手に入れるまでの半生を綴った自己啓発+エッセイ本。ブスも美人も、現代を生き抜く全女性に読んで欲しい本。

 

【Prime Reading 】とことん毎日やらかしてます

おすすめ度:★★

アマゾンのリーディングで、アスペルガーで漫画家の沖田さんのイラストエッセイを見つけてからハマり、プライムリーディング内にある作品は全て読みました。寝るや空き時間に何も考えずにサラっと読めるのに、為になる内容。沖田さん大好き。

【Prime Reading 】話を聞かない男、地図が読めない女

おすすめ度:★★★★★

何年か前に日本でも話題になったのを知っていたけど、読んだのは初めて。なるほど売れるわ…と納得する面白さでした。男女が、脳や細胞レベルで違うからこそ起こりうることが色々書かれていて、それはもう勉強になりました…。

男と女は違う。それは、身体的な特徴だけでなく、脳も違う。男女の違い、LGBTの脳の仕組みにも触れていて、「自分と違うタイプの人間を受け入れること」を改めて意識するきっかけになった本でした。なぜ自分がゲイの友達と一緒にいると、楽しくて心安らぐのかもよくわかりました。

それから、これ読んでから彼とも一度も喧嘩してないし、男性に苛立つことが少なくなりましたw

このレベルの本が、無料で読めるなんてアマゾンプライムは凄すぎる。

海外在住者もAmazon Prime(アマゾンプライム)会員になるメリットを3つ紹介!
海外在住者もAmazon Prime(アマゾンプライム)の会&#21...

【Prime Reading 】そもそもウチには芝生がない

おすすめ度:★★★

「タラレバ」で有名な著者の漫画をプライムリーディングで見つけて、ラッキー♪と読み始めたものの、主人公の3人の女性の人生が壮絶すぎて、だんだんと読むのが苦しくなってきました…。笑

「こんなに大変な思いをしている人もいるのだから自分も頑張らないと!」が励みになるひとには良いと思います。自分はハッピーなものを見聞きして元気が出るタイプなので、人の不幸話を見聞きすると一緒に落ち込んでしまいます…2巻は読まないかなぁ。

【Prime Reading 】働かないふたり

おすすめ度:

ゆるい漫画としてどこかで話題になっていたのを覚えていて、とりあえず一巻読んでみたけど自分には面白さを感じられませんでした。笑

物語のワクワクもなければ学べることもないので、時間の無駄に感じました(あくまで個人的な感想です。)

【Prime Reading 】休日が楽しみになる昼ごはん

おすすめ度:★★★★

これは最高!!まるでレストランや食堂で出てくるような美味しいごはんを、自宅で簡単に再現するためにレシピが盛り込まれた本。

とろとろオムライスの作り方や、残った調味料でできることなど読んでて面白かったぁ。早速実践してみたいと思います!

最後に

アマゾンプライムという、電子書籍のサブスクを手に入れてからたくさん本を読んでいるんですけど

半年契約してみて思ったのは、「月に○冊の読んだ」とか「年に○冊の本を読んだ」っていう「数」は少しも大事じゃないってこと。

大切なのは、本で得た知識が実生活に何らかの形で活かされているか(為になっているか)ってことなんですよね〜。このVlogを観て、自分の読書の仕方をちょっと反省したのでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました